葉酸サプリ&食生活Q&A

妊娠したら控えておきたい成分ってあるの?

妊活中や妊娠中は「赤ちゃんのためにたくさん栄養を!」と言われるので、とにかく栄養を取らなきゃ、と思っている人も多いかもしれません。

でも、栄養ならなんでも良い、というわけでもないのです。

特に、通常は健康に良いと言われていても、妊娠中には避けた方が良い栄養もあります。何が良くて何がダメなのか、しっかり把握しておくことが大切ですよ。

妊娠中に避けた方が良い食べ物って何ですか?

妊婦さんが避けるべき栄養・食材は、赤ちゃんに悪影響を及ぼすものや妊婦さん本人の体調に悪影響を及ぼす可能性があるものなど。

妊娠前は問題なく食べていたものばかりですが、妊娠中は控えるようにしましょう。

アルコール

ママがアルコールを飲めば、赤ちゃんにまで届いてしまい、胎児性アルコール症候群を引き起こす原因となってしまいます。そのため、妊娠に気づいたらすぐにお酒は辞めるようにしましょう。

生卵・生魚

妊娠中は食中毒の危険性がある食材は避けるようにしましょう。今まで食べていて食中毒になったことないんだけど…と思うかもしれませんが、妊娠中は以前は大丈夫だった食材でも当たる可能性があるのです。少しでも危険性があるものは、避けた方が賢明です。

マグロやメカジキなどの大型魚

大型の魚は体の中に「水銀」を溜め込んでいる恐れがあります。摂りすぎると、赤ちゃんの聴覚に悪影響を及ぼす可能性があるので、妊娠中は控えめにした方がよいでしょう。

ひじき

栄養たっぷりのひじきなのですが、毒性の強い無機ヒ素を含んでいるため、食べ過ぎには注意しましょう。

カフェインを含む飲み物

お茶やコーヒー、緑茶などに含まれるカフェインは、カルシウムを奪って鉄分の吸収を阻害する働きがあります。

1日2~3杯なら良いと言われていますが、妊娠中・授乳中はなるべく我慢したいところです。

間違って飲み過ぎちゃった…(泣)、どうしたらいい?

一度や二度、間違って多く飲み過ぎてしまっても、すぐに影響が出ることはないので安心してください。

ただし、日常的にずっと多く飲み過ぎているのはNG。今すぐ1日の目安量に戻すようにしましょう。