葉酸サプリ&食生活Q&A

葉酸だったらなんでもいい、というわけではない!?

葉酸サプリメントを比較していると、よく目にするのが“天然”、“合成”、もしくは“モノグルタミン酸型”という言葉。天然葉酸というのは、文字通り食品など天然素材から抽出した葉酸です。

それに対して、“合成”“モノグルタミン酸型”と言われるものは、人工的に合成して作られた葉酸のこと。 この説明だけを聞くと、天然由来のものの方が体に良さそうに感じて、選ぶ時につい“天然”ものにしよう!と考えてしまいがちですが、これは大間違い!

妊活・妊娠中の大事な体には、少しでも刺激のない天然由来のものを取り入れたい、と考える気持ちもよくわかりますが、実は葉酸に関しては“合成=モノグルタミン酸型”の方が断然オススメなんです。

というのも、厚生労働省は2000年に出した「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための、妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について」という通知においても、“合成=モノグルタミン酸型”だから。もちろん、理由なく勧めているわけではなく、きちんと根拠があります。では、その根拠とは…?

天然葉酸は利用効率悪し!葉酸補給にはモノグルタミン酸型を!

厚生労働省が発表する妊娠時に必要な葉酸は1日400μg。これを食事からだけで補おうとすると大変です。葉酸は熱に弱く、水にも溶けやすいため、調理中にほとんどが失われてしまいます。

さらに、体内を通る間に別の成分に変化することもあり、吸収される時にはほぼ葉酸はゼロという結果になることも。

そのため、食事だけでなくサプリメントや栄養補助食品からの摂取も勧められているのですが、天然由来の葉酸は食事で摂った葉酸と同じように、さまざまな代謝過程を経るため利用効率が約半分にまで低下すると言われています。

つまり、400μg摂ったとしても、実際に体内で活用される量は200μg以下に…。 一方、“合成=モノグルタミン酸型”の葉酸は食品の葉酸とは異なる構造であるため、体内での利用効率は85%にもなると言われています。

厚生労働省はこの通知においても“合成=モノグルタミン酸型”の葉酸を摂取することを推奨しています。決して、天然葉酸ではありません。

むしろ、天然葉酸に関しては「理論的には効果があると推定されるが、現時点では証拠が得られていない状況」と言われている始末。

特に妊活・妊娠中は効率良く葉酸を補いたい時期。天然葉酸が悪いわけではありませんが、体のことを考えるならモノグルタミン酸型葉酸一択と言えるでしょう。

葉酸サプリメントの含有量部分に400μg配合、と書かれていても、その意味は天然とモノグルタミン酸型で大きく異なります。せっかく毎日サプリを飲んでも、結局必要量に達していなかった、なんてことになったら意味がありませんよね。葉酸サプリメントを選ぶ際はしっかり内容を確認するようにしましょう。