葉酸サプリ&食生活Q&A

高い品質のバロメーターGMP取得認定工場とは?

葉酸サプリの品質を計る一つの基準としてチェックしておきたいのが「GMP取得認定工場」で作られているかどうかということです。

GMPとは、「Good Manufacturing Practice」を省略したもので、日本語では適正製造規範といいます。

もともとはアメリカの食品医薬品管理局が食品や医薬品などの製造や品質管理の基準として定めたもので、日本では法律に基づいて厚生労働大臣が定めた品質管理基準を指すものです。

医薬品の場合はGMPを取得していない工場では製造ができません。しかしながら、健康食品においては取得は任意となっています。現在は認定を行っている機関が2つあります、認定を取得した工場はGMPマークをつけることが可能です。

GMP認定取得工場の基準と試験

GMPは原料の仕入れから最終的な出荷に至るまでのすべての行程で、製品の品質と安全性を確保するためにとても重要なものです。

いわば、どんな人がいつ作業をしても、一定のレベルの製品が作られるようにするためのマニュアル。もちろん、高い品質を保たなければなりません。

そのために、GMPは設備などのハード面と人為的なミスを起こさないためのルール的なソフト面の両方から考えられています。

GMP認証を受けているということは、出荷前に課せられるチェック項目をクリアしていることを意味し、品質管理を徹底しているということなのです。

医薬品が食品などと比べて人為的なミスが少ないのは、GMPが義務付けられていることも大きな要因となっており、葉酸サプリについても大いに参考になります。

なお、GMP認証とGMP準拠にはやや違いがあり、認証は認定機関のお墨付きを得ていますが、準拠は基準に則って独自に運営しているため解釈の幅がやや広いといえるでしょう。

葉酸サプリに関しては、第三者機関に放射能試験や残留農薬試験を依頼しているところもあり、こちらも併せて確認するのがおすすめです。